中2で中年なプランナーの空想的日常

ただただ昭和のゲームプランナーでおっさんな僕が日常や妄想を書いていきます。

カジュアルゲーム、ツールアプリ、出版等を企画・プロデュース。
suzya.net  
ブログは妄想上では週1の更新。

生きてます。

最近時間帯を無視して観られる番組配信が主流になってきた。

おっさん世代は子どもの頃、テレビはその時間帯でなければ観られないものだった。

「VHS」というものが普及し始めたのは、1985年頃以降だったかと思う。
まだ日テレの「11PM」は普通に女性の裸を押し出していたし、「トゥナイト2」では小森のおばちゃまがエロい映画を解説していた。

そんな時代に10代を過ごしてしまうと、「動画配信サービスは配信者が決めた時間に観なければいけないもの」という「習慣」が付いたように勝手に思っている。

「これを観てくれ」というテレビ局側と、「どれが面白いか」を判断する視聴者との闘いが日々リアルタイムで繰り広げられていたように思う。

その闘いの時間帯に両者の食い違いがあるとお互いが悔しい思いをし、誰も得をしないものだった。

話は変わるが、僕は子どもの頃から「バイキング」(個人的には『食べ放題』と呼ぶ)が好きではなかった。

「どんだけ食べてもいいよー」と出された中にすごく食べたいものがあまりなかった。
結局単価の安いカレーで腹を満たしてしまうのだ。
あと、カニが出ていたらカニ一択だ。

同じように動画配信サービスは見放題で選ぶのはこっちである。
今は動画配信食べ放題なのである。
テレビバイキングだ。

そうなると、昭和世代の僕は選ぶのを放棄してしまう。
アマゾンプライムに入りながらも映画やアニメを1本も見ない月が続いている。
ならやめればいいのだが、ふと気が向いたら観るのでやめない。
「ボメミアン・ラプソディ」を去年の12月に観た。

いっそ、「一日のこの時間はアマゾンプライムを観る時間にする」とスケジュールをエクセルで一人上手に作ってみたが2日続かなかった。

結局、リモコンの番組表で、「今日の番組の観るラインはこういってこう」と局の流れを決めたりしている。(55分から始まる番組の予約視聴が前の番組と重なっていると出来ない)

ちなみに僕が地上波を観るのは、お金を掛けてスポンサーも付けて配信している局側への配慮でもあるのだ。

嘘です。

人は選択肢が少ない方が選び易いし、楽しみ易いのだ。
時間に制限がある中で(基本自由だけど)、多くの中で選んだものは正解を自覚出来ない。

なので僕は地上波で提供される番組を選択し、それに少しBSがおまけで加わる。
それで十分な気がしている。

「これつまんねー」と気付くこともあるが、その時は別なことをする。

Netflixだけは非常に気になるのだが、こっちに向かってくる動画が果てしない中でバイキング状態になり、もうお腹いっぱいとなるのだと思う。
食べたくない時に食べてしまいそうな気もする。

そんな中で、最近一番新鮮なチャンネル(アプリだけど)が「BIGO LIVE」だったという。。。

ただ、素人のリアルタイムの日常を観るだけという。

しかもその時間帯でなければ観られない。

エロに必死だった中学生が大人になってエロの鎧をそぎ落とし、青空の下で今に至るような、清々しい気持ちで「BIGO LIVE」と対峙している。

ただ、心の鎖帷子はまだ脱げないでいる。










このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。

というのは何日まで言うことなのでしょうか。

これが2021年に最初に書くことか?とも思うのですが、
鹿児島では関西のテレビ番組も結構放送されていて、
上沼恵美子の「クギズケ!」も放送されています。

ちょっと新年早々ではありますが、2年ほど前から気になったことがあって書くのですが。

元衆議員夫婦の妻で、議員でなくなった今では関西と関東のバラエティ番組を股に掛けて活躍している育休詐欺議員Mの妻Kがインタビューでその番組に出ていました。

夫が2度の不倫、それに対して元議員の奥さんは、
「私は1人の時はそんなに楽しい人生ではなかったんです。夫が浮気であんなに叩かれたのに2度目の不倫でしょ?」
と。

そして次の言葉が、「それって面白くて」

この語りはなんなんだと。

金子恵美!

「おまえは、なんといい女なんだ!」

1度目の浮気を許しただけでなく、2度目の浮気を「普通懲りるでしょう?」みたいな感じで笑って言って、「それって面白くないですか?」という夫への評価。

男が絶対服従せざるを得ないタイプの女です。

性欲のガンダーラを目指していても結局手の平を抜け出させていない。そこが男性にとってのお釈迦様的な象徴なのです。

2年前から薄々気付いていたけど、金子恵美が僕(50)の心のベストテン第一位を狙おうとしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は誰もが「今までと違う一年だった」と言っている。

個人的にも狙ったコンテストは落ちるし、体調は時々崩すし、身内に不幸はあったし、娘は受験生なのにソシャゲやってたりする中で、
新しい仕事と出会ったり、いいコンテンツが作れつつあったり、15年以上前の友人と接点が出来たりして、差し引きゼロと言ってしまえばいいじゃないかということにしている。

どこにスポットを当てるかでその年の印象も変わるものだ。

今年は今年。それでいいのだ。

そんな中で、2020年を振り返り、つい最近後悔したことがある。

何故今頃知ってしまったのだ。

SNSで誰か言っていたのだろうが、気付きもしなかった。

2020年の今年。
自分の生まれた西暦と年齢を足すと今年の西暦2020になるのだ。

これは地球上の人全員である。

次にこの年が来るのは1000年後らしい。


しかし、しばらくしてから大きな後悔をした。


結局来年もそうなのだ。

毎年そうなのだ。

よく考えれば「それが年齢というものだ」


結局僕は何に驚き、何に後悔した年末だったのだろうか。

来年もしょうもない暮らしをしていこうと思う。








このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ