カジュアルゲーム、ツールアプリ、出版等を企画・プロデュース。
suzya.net  
ブログは妄想上では週一更新。

サザンオールスターズのライブをWOWOWで12時間無料放送中でございます。

それを許可したアミューズ、サザン、WOWOWの皆様、ありがとうございます。


WOWOWサザンを観ていると、実家の母が、「これはなんね?あの人だね」と言うので、
「今有料放送のチャンネルが、無料で桑田佳祐を放送してるの。WOWOWってとこで」と言うと、
「あー近所の○○さんがそういえば丸いアンテナを立ててたよ。それで観られるんだねえ」と。

母は無線ラジオの感覚で勝手に傍受していると思っているらしい。


僕がサザンファンになったのは、レンタルレコード屋で「人気者で行こう」を借りてからだ。

当時「ミス・ブラン・ニューディ」のスゴさだけでなく、シングルカットされていない「夕方Hold On Me」や「海」「Dear John」という曲を、一枚の黒い背中のアルバムに入れてくるところに坊主の鹿児島の中学生が大きく衝撃を受けたところから始まる。


僕だけじゃないのだろうが、出来事と一緒に思い出すサザンの一曲があると思う。


僕が、一番最初にサザンのライブに行ったのは(実際には行ってないけど)、
1995年夏のみなとみらいの「ホタルカリフォルニア」。

その頃付き合っていた彼女と、たまたま横浜でデートしていて、その時彼女が「今日みなとみらいでサザンのライブだよ」と。

「ちょ、近く行ってみよう」と僕。

みなとみらいの歩道橋で漏れて聴いたライブが、サザンの初めての見えないライブだった。

最初は数十人だった歩道橋に座っていた人も千人規模になっていた。

「ここでビール売れば売れたねえ」と笑いながら話した。

その後そのライブDVDを買ったが、個人的にはサザンのライブで一番のエンターテイメント性があるライブが、「ホタルカリフォルニア」だと思っている。


その後、付き合った人や友人も、サザンが好きだった人だったりした。

彼女がサザンのライブを取ってくれて、親戚の不幸があったけどライブには行ってしまったり。

カラオケの最後に「シャララ」を二人で歌うのが締めであったり。

男同士で海に行く時に車でサザンのオリジナルベストなテープをかけて夏満喫のテンションになってたり。その日のナンパは失敗したり。

カラオケで「女呼んでブキ」を歌ったら女子に引かれたり。


そんなことを思い出させてくれるバンドを中学生の時に好きになれたことはありがたい。

好きの度合いは違うけど、もう30年近く好きでいるなんて、中高で出会った男友達ぐらいだ。

思い出にスパイスを常に与えてくれるのがサザンだった。


引き続き、WOWOWを観る。
写真は微妙にドリフ。

IMG_0549




このエントリーをはてなブックマークに追加

前回現時点で僕が勝手に気になる有名人女性を集めて、どこに座るか妄想席替えの配列を考えてみた。


妄想席替え

僕が設定した席順は、女子が男子の2倍の数で、女子の年齢も現時点での話だ。
来月には席替えをしようと思っているが、現時点でのクラスの動向が気になる。

前回、いろいろ悩んだ結果、「めざましテレビ」のかやちゃんの隣5番に座ることにしたのだが、
彼女はジャンケンがしたいだけで僕に興味を持たないことを知った。

未来のあるかやちゃんにおっさんは似合わないと僕も悟ったのだ。

そこで、右隣が弘中彩香なのだが、これも天然のふりをしつつも計算高くてキツい。

いっそ、弘中を飛び越えて渋野にやりもしないゴルフあるあるの話でもしたいぐらいだ。

僕「渋野ーゴルフあるあるしない?」
渋野「なんじゃ、それ」
僕「ゴルフに関するあるあるで、詰まった方が負け」
渋野「勝ったら何もらえるん?」
僕「焼きそばパン」
渋野「負けんからな」

僕「ゴルフ中は、いつも以上に雷に恐れる」
渋野「当たり前じゃ。次私な。女子ゴルファーは、お気に入りのクラブにお気に入りのキャラクターのカバーを被せたがる」
僕「ピカチュウはもうやめよう。次オレ。念で最後のパーショットを入れようとする」
渋野「最後は念じゃ!」

と、ゴルフが趣味でもない僕が渋野に合せる。

渋野とは恋にはならないが、文化系の僕が、数少ない体育会系の女子友達を作れるかもしれない。

しかし結局前の席は重要で、滝沢カレンは僕にその気がないので配られたプリントを、「1枚足りないから自分で取って来て」とか優しさを見せないのだが、僕は勝手に気になるのだ。

そんな中で、変わり者が多いクラスで、改めて再発見するのが、小泉今日子の良さだ。

彼女は誰も責めない。

なんてたってアイドルなんて、本人的には打ち上げ花火の感覚で、その路線で行こうなんて思っていない。
セルフプロデュースに長けているので学級委員長に推薦したいが、本人は嫌がるだろう。

そこは森高が担うように思う。

ここで、綾瀬はるかだ。クラス替えの4月には「あ」なので前の席ばかりだったに違いない。

前の席だとボケる余裕もないが、「実はあいつ、スゲー可愛くね」と男子が言いだす。

もちろん可愛いのだが、「可愛い」という言葉を言いたくても共有するのが恥ずかしいのが昭和生まれだ。
そう、基本的にここは昭和生まれの巣窟である。

ここで名前が出ない石原さとみは、このクラスで話しかける男子がいない。

性的にもカノジョ的にも特別な存在の石原さとみに、このクラスの男子はびびっているのだ。

そして隙がありそうで、彼女にしたら一般的にはベストなのは赤江珠緒だが、赤江の憧れになれないため、あっちから来ない限り、始まらないのである。

で、異色の「五時に夢中」の若林。
この子は自分から行きたい時に行くのでほっといていい。

黒木瞳は、壇蜜と友達にならせてあげたい。

このクラスの女子全員を思っての妄想だ。

僕としては、3時のヒロイン福田とRENAが浮かないかを気にしている。

ただ、この2人は仲良くなりそうだ。






このエントリーをはてなブックマークに追加

「ワイドナショー」でやっていた妄想席替え。

もしも自分の好きな女性有名人だらけのクラスで席替えしたら、どこに座るかを妄想&シミュレーションするものだ。

五十手前ではございますが、現時点で同級生になりたい有名人のクラスで席順を作ってみた。

青が男子だ。女子の数が男子の二倍だ。

妄想席替え


このクラスの自分的一番人気は、深田恭子だと思っている。
平均年齢40以上のクラスなのだ。

恭子はあえて難しい席に置いてみた。

深田恭子と話せる席は2か3だ。
そこに「話は合うけど付き合うのは微妙」な島崎和歌子が立ちはだかっている。

しかし、和歌子のことは嫌いじゃない。
「お互い60歳まで独身だったら結婚しようか」ぐらいの話は同窓会後にするかもしれない。

和歌子がクッションになり、普通の話を3人ですることもあるかもしれない。

だとしても、深田恭子は同じクラスの男子を気にしない。
他校の男子と付き合っているのだ。

教師がシンディ・ローパーということに触れていなかった。
英語と音楽を兼ねた教師という設定だ。
音楽にクセが強い。
単純に人というより「ニンゲン」として好きなシンディ・ローパーにするか、熟女として好きな黒木瞳にするか迷った結果、先生はシンディ・ローパーにした。
いろいろ自由そうだからだ。
卒業式には「タイム・アフター・タイム」を歌ってくれる。

そこで違う角度から男子の人気を集めるのが、みひろだ。

みひろと仲良くなるなら4、6、7だ。

6番は隣に森高がいる。

私がオバさんになってもと歌っておきながら、その気配を見せない千里なのだ。

そして7番の隣には橋本環奈。

落ち着けない。

橋本環奈は、おっさんを相手にしないのはわかっている。

黒木瞳と橋本環奈が出て来たせいで夜間学校の設定が否めない。


そんな中で、「小泉今日子って話しづらそうで意外と話し易いよね」となるに違いない。


文化系は格闘家のRENAと何を話せばいいのかわからないが、飛び越えて壇蜜と話したい。
そうなると8番しかない。
後ろには3時のヒロインがいるので、お笑いの話も出来るだろう。


しかし、結局おっさんの僕が気になるのは、「めざましテレビ」のかやちゃんだ。

余った給食のゼリーとかで、ただただジャンケンをしているだけで好きになってしまう。


だとすれば深田恭子や森高千里は遠い存在として諦めて5番でもいいのだが、滝沢カレンが「この漢字なんて読むの?」といちいち聞いてきそうで、カレンのことも勝手に好きになってしまいそうである。


そこで、8番か5番か迷ったが、話しやすい女子+かやちゃんという結果、川田、カレン、アリス、弘中の天然に囲まれた5番に座ることにした。


自分で作ったのに、大変な妄想だった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ