拝啓 尾崎豊様

あなたが10代半ばで感じた気持ちのままで、サラリーマンになった30代半ばの気持ちを、詩にして作ってみました。

聴いてください。


「35の夜」
曲 尾崎豊
詩 鈴屋二代目


落書きの企画書と外ばかり見てる俺

超高層ビルの上の空 叶わない夢を見てる


やり場のないストレスを外に出したい

パーテーションのないデスクで2ちゃん

見つかれば逃げ場もない


シートに猫背で背を向けながら

心の一つも解り合えない上司達を睨む

そして同僚達は今夜 飲み会の計画を立てる


とにかくもう 会社や家には 帰りたくないー


同期の年収がいくらのかさえ解らず震えている

35の夜ー


急行電車で走り出す 行き先はスナックのママ

光るネオンの街へ


社則に縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に

自由になれた気がした35の夜



冷たい風 冷えた身体 人肌恋しくて

街に立つ素人の横を 「2万でどう?」と通り過ぎる
 

闇の中 ぽつんと光る コンビニの明かり

ワンコインで買える性欲 薄いエロ本握りしめ


人生の結末も解らないけど

俺の嫁は熟年離婚 ずっと夢に見てる

上司達は利益を上げろ上げろというが 俺は無理なのさ


退屈な商品が 会社のイチオシ ならばー


なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な

35の夜ー


急行電車で走り出す 行く先はスナックのママ

光るネオンの街へ


覚えたての英語を活かし 外人を見つめながら

2万で買おうとした 35の夜


急行電車で走り出す 行き先はスナックのママ

光るネオンの街へ


覚えたての英語を活かし 立ちんぼを見つめながら

2万で買おうとした 35の夜




 
よろしければポチっと

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

suzya_logo1