僕は、昔から人の書く詩をマネたい好奇心があり、たまーに知ってるアーティストの歌詞を元に
自分なりに咀嚼して、そのアーティストのつもりで「ことばモノマネ」していました。

その一つを、度々ここで披露して良いでしょうか。

今回のテーマは、奥田民生。


奥田民生は、諦めながらも前向きです。
小さいことは気にしません。

みんなが嫌がりながらも無意識にスポットを当てているものを、奥田民生は自然にスルーしています。

それは、「自由であることの不安」。

奥田民生は、そこにスポットを当てない力を持っています。

そこで作ってみたのでした。

僕が勝手に思うところの奥田民生風歌詞。



「日曜チャリダー」


作詞:鈴屋二代目
作曲:奥田民生風な音を作れる人


あー腹減った 何か食いたいな
冷蔵庫を開けてみよう そうしよう

何にもないな 残り物もない 調味料すりゃねえや
冷蔵庫の電源 入れてる意味あるのかな

ブロッコリーがあったけど 食えるのかな
コンビニに何か買いに行こうか そうしようか

サンダル履いてみたけど ジャージのままだ
自転車だってパンクしてるけど 乗ったらそこそこ走るだろう

それでいいや 今日は晴れてる
いつもより 遠くのコンビニに行こう

コンビニに行ったら 便所に入ろう
小便がしたくなった 家でし忘れた

人生 こんなもんだろ 
そう言うおまえの今はどうだ
僕は行く パンクした自転車で ずんずん進む 



「おっさんと中2のiPhoneアプリ開発日記」
 
よろしければポチっと
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村