アプリレビューサイトの譲渡の話があった時に「法人格」でないと譲渡出来ないとの話があり、僕は自分の住む街の司法書士さんらにメールして登記に関する見積もりを取っていました。

大体相場は、まるっと全部やってくれて25万前後。
その中で無料で相談を受けてくれるところがあったので、会う約束をしていました。

しかし、現状サイト譲渡の話がなくなった中で「鈴屋」を法人化する必要はない。
もう会わなくてもよくなったのですが、約束してしまった手前と個人的にも勉強したいのでお話を聞いてきました。

向こうも商売なので、僕が登記の手続きの依頼をしてもらった方がいいのでしょうが、これまでの経緯やこれから僕がやりたいことを話すと、
「まだ登記する必要はないですねえ」

普通に相談に乗ってもらったら数万するかもしれないのに、貴重なお時間をすみません…。

8月に出版が決まり、今僕が力を入れたいのは、第2、第3の出版の方で、「ビジネス」というわけではないのでした。

しかも自分一人の本ではなく、友人らを巻き込んで何か企画したい。

おそらく僕も友人も個では出版できない内容なものを、僕の視点で切り取ってパッケージングすることで、商品にすることが可能だと思っています。

1+1が4になれば、50%ずつの取り分でも、1人でやる分の2倍になるんです。

友人らと何かしたいというのは、自分がこれまでやってきて楽しかったことと共通しているなあと思いました。

20代後半から30代前半の頃は、毎週のように僕のホームページに集まる人らと飲み会をしていました。

いわゆるオフ会なんだけど、どちらかというとリアルで会うことの方が多いぐらいだったので、僕にとっては「オン会」でした。
※「オフ会」とはネットで交流のある人らが、PCをオフにしてリアルで会うことから付けられています。

時には50人以上の飲み会もあり、その中で出会った人らが毎年最低1組は結婚していました。

意図的にそういうことをしていたわけではないけど、僕は気付けば「出会い」を上手く回していたと思います。

何かそこに僕のミッションのようなものがある気がしています。

その流れで今思うのは、クリエイター達を繋げて面白いものを作りたい。

そこには、中心となるサイトが必要なのだろうけど、その仕組みや見せ方、運営費を賄える収益構造が、自分の中ではまだぼんやりしています。

それを現実的にやる時は、法人化ですね。
それは多分そんな先ではないはず。



「おっさんと中2のiPhoneアプリ開発日記」
 
よろしければポチっと
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村