先日、8月に申請したLINEスタンプ「ツレづれ」の審査結果のメールが届きました。

結果はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・こちらもリジェクト!

タイトルに書いてるので、結果発表を溜める必要もないのですが。

理由のメッセージはこちら。

リジェクト

11番に関しては、日常会話に使えないとの判断でしょう。
一応、これはゲロしてる男の絵なんですけど、
口から黄色い線を出した方が良かったですね。

まあ、口からゲロ線を描いたところでLINEから却下されそうですけど。
それに、トイレに向かって「ブラジルのみなさーん」と叫んでる絵にもなりえます。

そういうことで、制作サイドとしてもボツで。


17番は、二次創作にあたると判断されました。

そうだよ、貞子だよっ。

出してないけど、他にもスーパーマンやスパイダーマンもあったんだよっ。


版ものピクトスタンプ


そして27番は、暴力や虐待にあたるらしい。

女だからいいじゃん。
あえて男にしなかったのに。


諸々言いたいことがありますが、プラットフォーマー様の意見には従わなければならないものなのです。

アプリに続き、LINEスタンプも再提出です。


アプリやLINEスタンプの申請には、こういう苦労が当たり前のようにあります。

「審査をする一個人が、マニュアルから読み取ったニュアンスで、独自の判断材料を確立してしまう」

これが当たり前にあるため、申請IDを変えて担当審査員が変われば、通ったりすることがあります。

誰に当たるか次第なところも、実はある。

マニュアルのニュアンスに縛られ過ぎな担当者の場合、マニュアルにある「言葉」に少しでも抵触するなら却下されたりするものです。

マニュアルにある「言葉」ではなく、全体を見て道義的に正しいかそうでないかを判断してくれる担当者が増えると、エンターテイメント業界ももっと盛り上がりますよ?


twitterはじめました(ツイッター、やっと20人)
◆「おっさんと中2のスマホアプリ開発日記」
 
よろしければポチっと
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村