シェアオフィスで知り合った友人のビジネスを企画した本「週4時間で月50万稼ぐAmazon中国輸入 日本語だけでできる驚異の山田メソッド」が発売されたので、鹿児島の母に2冊だけ送りました。

スマホすら触ったことのない母にとって「Amazon」すらわからないでしょうが。

著者は「山田野武男」さんですが、企画構成で「鈴屋二代目」という前回と同じペンネームで名前を載せてもらっています。


本を送ってから数日後、母から手紙が来ました。

10冊買ったという手紙でした。

 IMG_0599

「本が売れるように毎日仏だんにお参りしています
十冊注文しました。
鈴屋二代目はやめた方がいいような気がします」


最後のアドバイスが遠慮しがちですが余計です。

「二代目」に線が引かれています。

何がいけなかったのでしょうか。


とは言いつつも母の仏壇の祈りが通じたのか、昨日Amazonで1位になりました。

37


1時間毎に更新されるので1位になった瞬間に画像を保存する必要があります。

しかし、幸い本日11時時点でも「eコマース」のジャンルで1位継続中です。