バンダイナムコエンターテインメントカタログIPオープン化プロジェクトにて開発中のスマホアプリ「タッチ・ザ・マッピー」ですが、開発中の動画をコスモマキアーのモリ・タイゾウがアップしてくれました。
(画面はパソコンで開発中のものです)


サウンド担当の元ナムコZUNKOさんの曲も入っています。

どうですか。マッピーの曲の印象を残しつつのオリジナル曲。
さすがZUNKOさんでございます。

ZUNKOさんは久しぶりの作曲で「リハビリのつもりで参加した」と言っていましたが、元ロッテの村田兆治のような豪速球を投げてくれました。


グラフィックは、本物の「マッピー」 のドット絵を手がけた小野 Mr.Dotman 浩氏。
いい具合にアレンジしてくれています。
取得するアイテムは、「あれから15年(83年から15年)」という設定なので、MDラジカセやテレビデオなど「マッピー」時代からすれば新しいけど、今にすれば微妙に古いアイテムが登場します。


ゲームは、画面をタッチして床を作り、マッピーを誘導します。
マッピーは壁にぶつかると反転して方向を変えるというルールです。





全60面のステージがありますが、これらのステージは開発を行っているコスモマキアー社長モリ・タイゾウとその部下ナカイちゃんが作ってくれました。

特にモリ・タイゾウは、自分の作った面を絶賛自画自賛中です。

そんなモリ・タイゾウ代表のコスモマキアーのYoutubeチャンネルもぜひ登録してください。


遊んでみれば「あーそういうゲームかあ」とわかる「タッチ・ザ・マッピー」。

リリースまでもうしばらくお待ち下さい。