最近オフィス以外にワーキングスペースも利用しているのですが、
そういう場所には、いろいろな会社の人がいます。

仕事をしているとスーツ姿の男性5人の会話が耳に入ってきました。

おそらく上司か社長との打ち合せするための「事前打ち合わせ」だと思います。

「意見を言っても反論されるから、時間の無駄ですよ」

そういう諦めムードの社員がいる中、正論を述べる一人の先輩らしき社員がいました。

「時間の無駄だと思ったら、その旨を伝えるべき」


さらに、

「この話は多数決で決めるものではない。
3対2になって決まったとしても、皆が同じ方向を向かないから」


なんかいいこと言うなーと思って聞いていたら、彼はこう続けます。

「打ち合せで何を話し合いたいのか。もう少し具体的に総意を言わないと」

そう。一般的な会社には無駄な打ち合せが多すぎる。


そして、打ち合せの方針に対しての着地点がこれだった。

「仕事はやりがいが必要」


・・・割と学級会みたいなテーマだな。


そして彼らは、議論し始めました。

「どうすればやりがいを感じるかという会にしましょう」

「では、まずここでやりがいとは何かを考えよう」


そこから??


僕は心の中で、
「何が楽しいか。何がわくわくするか。且つ、それでいて貢献できることは何か」
と発言しときました。

言い換えれば、
「自分が楽しくて、関わっている人が楽しくて、受け手が楽しくて、さらにお金を生むこと」。


そんなことを心の中で呟いていると、スーツ姿の基本メガネ男子5人は、「やりがい」について議論を始めました。

「やりがいとは、目的や目標に向かって行動することでは」

などの提案が出ます。


そして、短い言葉で、まとめられていきます。

「冒険、小さな喜び、達成感」

そんな言葉が出て、その中の1人がメモっています。


僕も心の中で発言します。

「考えるな。感じろ」

ブルース・リーです。


しかし、そもそも社員が複数人で「やりがい」から考えるって、この会社大丈夫かー?