2月14日といえば、バレンタインデー。

今年はチョコどころではない一日でした。


毎年、「もしこんなバレンタインデーが高校時代にあったら」と妄想しており、
去年はこのブログにも書きましたが、高校時代に美術部の僕が片思いされている設定で、
忘れ物を取りに来てさりげなく、女子が僕にチョコを渡す妄想を書きました。

おっさんで、しかも「なぜ今高校時代?」という、
前世を呼び起こすぐらいな今さらな妄想なのですが。


そんな今年も理想のバレンタインを妄想しようと思いましたが、
さすがに、初老になると浮かんで来ない。

ちょっと「マッドマックス4 怒りのデス・ロード」の設定で、バレンタインデーを思い浮かべてみたのですが、
モヒカンの女がバキュームカーのような車で、奴隷の男どもにチョコを逆噴射している設定しか浮かびませんでした。


そんなバレンタインデーですが、
今日は娘の受験日というのもあり、家としてはそっちに目が行くのですが、
今朝さりげなくコタツ(リビングにコタツを置く家なのです)の自分の位置に座ると、
受験に行った娘であろう者が置いた「マーブルチョコ」が、直立不動で起かれていたのでした。


IMG_0378


これは、僕へのバレンタインか?

おそらく「おかしのまちおか」で買ったもの。

小鳥が集まるように餌を巻いた少年の日を思い出しました。


あと、今日思ったのはあれです。

スノボのハーフパイプの選手は、いい具合にカッコいい名前が多いなということ。

オタクが、地下アイドルのライブで右左に激しく揺れながら踊っていても「平野歩夢」というたまたま同姓同名なだけで、「カッコいいわ~」と思うかもしれないわー。

そんな2月14日でした。