ついに僕も「流行り」に乗ってしまいました。

三連休の一日目に何か喉が痛いなと思っていたら、翌日39度の熱が出ました。

実際には、「なかなか体温計がピピって言わないなあ」と思って取り出してみたら、
その時点で39度だったので、「もうすげー高温じゃん。もういいし」と計るのを止めたのでした。

『悪の欽ちゃん仮装大賞40点満点ver』なら、
「せっかく熱出てるんだよー。あと一点で満点なんだよー」
と40度に上げられるところでした。

そこから丸二日ほぼ何も食べずに寝込み(休日なので病院をやってない)、
成人式で北九州市民がパラリラパラリラやってる映像も見ず、
ただ寝続けるというジジイな3連休。

今も多少熱はあり、このブログを書いているだけで関節が痛い。
総合格闘技でもないのに、という。


今週、楽しそうな仕事の打ち合せがいくつかあったのに、今週の分はほぼすべて延期しました。

「うつす」可能性があるので。

そんな中で今週金曜に木場くんが飛び込み営業してきた、とある大きいところに仕事で伺う予定があったのですが、
「関係者にうつしたら迷惑なので延期するか、木庭くんが一人でプレゼンしてくれ」とメッセージを打つと、
木場くん曰く、「人にうつすとか関係ないんじゃない?」。

戦後の昭和のサラリーマンみたいだな。

その前にその自分への気遣いがすごいな。そっちにもダメージ与えるかもしれないのに。


この話をする前に一応お医者さんに聞いてはいました。

「何日経つと仕事とかで人に会っていいんですか?」

お医者さん、プリントを見せながら、「発症から五日、かつ平熱になってから二日過ぎてからです」。


まあ、熱が下がっていれば最大五日+二日はギリか。


お医者さんに「家でもマスクしていれば家族にはうつりませんか?」と聞くと、
「インフルエンザは空気感染しないんですよ。菌が直接身体に入らないことなので近付かないことです」。


なんかウンコ漏らした奴みたいな扱いだな。

なので数日僕は身内にも近づけません。




※専門学校の非常勤で週1か週2で企画の発想について先生を募集していたら、普通ではやらないプランナー育成講習をやります。ナ○コ流です。