この間、2年ぶりぐらいに出版界の先輩と会ったんですが、面白い人で。
その時話したことで印象深かったのが、

「俺、今幽体離脱学んでんの」

って話で、
「この間1回出来たんだよね」と話していました。


ちょ、どこ向かってんの?と思ったのですが、高校時代に「ムー」を買っていた僕としては、違和感ない話です。


幽体離脱の1泊2日の研修があるらしいんですね。

それで先輩が話していたのが、「俺、1回だけ幽体離脱できたのよ」

「壁と壁の隙間に入れた」らしいです。

「それ、もうどこでもドアですわ」

でも壁を通り抜けようとしたら、断熱材があったらしいです。


そんな話を、ガールズバーで話しながら(ガールズバーか)、
今思うと、「レオパレスなら普通に壁抜けられるんだろうな」とこれを書いていて思いました。


一回宙にも浮いたらしいんですよね。


幽体離脱のまず初期段階は、「夢を見ていてそれが夢か感じるか」。

僕はしょっちゅう感じるのですが、離脱したことはないですね。

何かやりかたがあるのですが、それは習わないとダメらしいです。


その先輩、「好きな子の家にも行けるんだよ」と話していて、
「住所知らなくてもですか?」
と聞くと、「うん」と頷くんですね。

「それは犯罪として証明しづらいですね」


で、先輩はその日、「今日君ん家行くから」とガールズバーの子に言っていました。

が、その前に静岡に朝から出張で、それどころでない先輩なのでした。

そこはリアル。