今日のTBSラジオ木曜「たまむすび」はピエール瀧がパーソナリティのはずでした。

会社員時代から仕事をしながら「たまむすび」をヘッドフォンで聴くこともあって、特に木曜はピエール瀧が自由すぎて面白かった。


そして、今日の木曜「たまむすび」、意外と明るく始まってた。

代打はカンニング竹山。

ピエール瀧逮捕のニュースを速報で知った時、竹山はすぐにTBSラジオに「俺、木曜空いてるから!」と電話したそうだ。

まあ、急遽探すよりはTBSラジオも良かったのでしょう。
しかし、「たまむすび」は月曜の竹山の日が一番面白くないのだが。。。


今回コカインで逮捕ということで、
「天才肌の人はそういうものでより奇抜な行動を求めるものなのかなあ」と思ったのでした。


実は僕も一度バリ島から帰国した成田空港で麻薬犬に嗅ぎつけらっれたことがあります。

手荷物受取所から荷物が回ってくるのを待っていると、
麻薬犬が僕の足下をしばらく嗅いでいたんですね。

そのまま麻薬犬は警察官に引っ張られていったのですが、
僕が普通に税関を通ると警察官の人がすぐに寄り添い、
「麻薬犬が反応したのでちょっとこちらまで」
と個室に連行です!

最初は「えええええええ」ですよ。

「間違いがあって何か変な粉を誰かに入れられてたらどうすんだ」と思いましたが、
全く何もなかったよなと冷静になり、どこへ連れて行かれるのか多少わくわく。

そこは窓もない小さな密室。

バッグの中を全て探られ、渡航目的を聞かれました。

エッチな本を買ってなくて良かった。

僕のバッグの中身はほとんどが服と下着。

荷物を全て見た後、警察官の人が「どこか飲食店に入りましたか」と聞いてきたので、
「中華料理屋に行きました」
と答えると、
警察官「床は濡れてましたか?」
「はい」
警察官「そこでタバコ吸ってる人いましたか?」
「いました」

すると警察官が、「現地の人が吸う大麻とかの煙が床の水に染みこんで靴に着くことがあるんですよ」

そういうわけで軽い軟禁から釈放されましたが、
そもそも僕の身なりが妖しかったのも理由ではないのか。

ホテルに髭剃りを置いてあるものだと思っていたら、置いてなくて
4日ほど中途半端なヒゲが生えていたのでした。

一緒に中華料理店に行った面々は何もなかったのに僕だけ連行されるなんて。

麻薬犬も顔で人を判断してないか?

という訳で、丸まった外国紙幣が出てこなくて良かったという話でした。





<鈴屋からの宣伝>
こんなブログの感じでソシャゲ業界の裏側を書いた本を出版しています。
pazudora