「ワイドナショー」でやっていた妄想席替え。

もしも自分の好きな女性有名人だらけのクラスで席替えしたら、どこに座るかを妄想&シミュレーションするものだ。

五十手前ではございますが、現時点で同級生になりたい有名人のクラスで席順を作ってみた。

青が男子だ。女子の数が男子の二倍だ。

妄想席替え


このクラスの自分的一番人気は、深田恭子だと思っている。
平均年齢40以上のクラスなのだ。

恭子はあえて難しい席に置いてみた。

深田恭子と話せる席は2か3だ。
そこに「話は合うけど付き合うのは微妙」な島崎和歌子が立ちはだかっている。

しかし、和歌子のことは嫌いじゃない。
「お互い60歳まで独身だったら結婚しようか」ぐらいの話は同窓会後にするかもしれない。

和歌子がクッションになり、普通の話を3人ですることもあるかもしれない。

だとしても、深田恭子は同じクラスの男子を気にしない。
他校の男子と付き合っているのだ。

教師がシンディ・ローパーということに触れていなかった。
英語と音楽を兼ねた教師という設定だ。
音楽にクセが強い。
単純に人というより「ニンゲン」として好きなシンディ・ローパーにするか、熟女として好きな黒木瞳にするか迷った結果、先生はシンディ・ローパーにした。
いろいろ自由そうだからだ。
卒業式には「タイム・アフター・タイム」を歌ってくれる。

そこで違う角度から男子の人気を集めるのが、みひろだ。

みひろと仲良くなるなら4、6、7だ。

6番は隣に森高がいる。

私がオバさんになってもと歌っておきながら、その気配を見せない千里なのだ。

そして7番の隣には橋本環奈。

落ち着けない。

橋本環奈は、おっさんを相手にしないのはわかっている。

黒木瞳と橋本環奈が出て来たせいで夜間学校の設定が否めない。


そんな中で、「小泉今日子って話しづらそうで意外と話し易いよね」となるに違いない。


文化系は格闘家のRENAと何を話せばいいのかわからないが、飛び越えて壇蜜と話したい。
そうなると8番しかない。
後ろには3時のヒロインがいるので、お笑いの話も出来るだろう。


しかし、結局おっさんの僕が気になるのは、「めざましテレビ」のかやちゃんだ。

余った給食のゼリーとかで、ただただジャンケンをしているだけで好きになってしまう。


だとすれば深田恭子や森高千里は遠い存在として諦めて5番でもいいのだが、滝沢カレンが「この漢字なんて読むの?」といちいち聞いてきそうで、カレンのことも勝手に好きになってしまいそうである。


そこで、8番か5番か迷ったが、話しやすい女子+かやちゃんという結果、川田、カレン、アリス、弘中の天然に囲まれた5番に座ることにした。


自分で作ったのに、大変な妄想だった。