今のスマホのゲーム開発には、ユーザーが何人ダウンロードしたかや、1人平均いくらの収益になったかなどの細かく指標を測る分析ツールが必須となった。

しかし、昔の家庭用ゲーム会社は、販売本数が唯一の評価指標だった。

そんな中で、10年ほど前にガラケーのゲームサイトで初めてGoogle analyticsを使用した時にしばらくは、開発会社に「グーグルアナルティクスを入れてください」と言ってしまっていた。

今思えば恥ずかしい話だが、「グーグルアナルスティックを入れてください」と言わなくてまだ良かったと前向きにとらえている。

ツウには、連なった丸いボールの棒状のものを思い出させてしまうだろう。しかもGoogleが開発した。