LINEモバイルの本田翼を観ていて、今さら「この子可愛い」と思ってしまったので、
ソファに寝っ転がりながら本田翼と同棲している生活を妄想してみた。

ソファに横になり、軽く夏用の布団を掛けて横になっている俺。

先月から一緒に住むことになった本田翼が仕事を終えて帰って来た。

LINEモバイルのテンションではもちろんない。
大御所のお笑い芸人が楽屋では物静かなのは小耳に挟んでいる。
翼も仕事のテンションでいるはずがない。

「ただいま」と小さい声で本田翼が入ってくる。

僕は「おう」とだけ言う。

僕「ご飯食べたの?」
翼「今日、ゴチだったから」

「ゴチになります」の収録だったのだ。

ゴチの日はご飯を食べない。

しかし、翼は僕がご飯を食べたのか聞いてくれない。

いつものことだ。

翼は部屋着に着替える。

胸は変わらず小さい。

翼と会話をしようと何気ない話を振る。

僕「PS5、抽選外れた」

翼「しょうがないよ」

それだけ言って翼は自分の部屋に行く。

僕、ソファに寝転びながらテレビを観ている。

一緒に住んでいる気がしない。

すると翼が自分の部屋の扉を開けて顔を出した。

「あ、そういえば冷凍庫に肉まんあるよ。チンするだけだよ」


あと半年は一緒に住めそうな気がした。

ちなみに通話する時は、お互いiPhoneだ。