あるアプリ開発支援の本では、「アプリは思いつきで作るな。マーケティングの結果で作れ」と書いていました。
そんなの、もういやーじゃー!
鈴屋二代目です。

ということで欲望のまま癒され系のアプリを開発中。

あの頃僕は、病んでいました。
仕事の売上を上げられない中、自分のダメダメ感を実感し、くじける毎日。
そんな中、逃げたい、癒されたいという日々の思いの結果、出来た企画がコレ。

少女が癒してくれる一言を言ってくれるアプリ。

おっさんの現実逃避です。
僕個人としては、三十前後の女性がベストなのですが、ユーザーのことを考えてここでは少女キャラにしました。

個人的には、思いを込めた企画なので、給料の一か月分、上限二ヶ月…ぐらいは出してみようかなと思い、開発会社はどこにしようか考えました。

もう5年ほど前にアプリの開発を委託していた会社さんを思い出し、早速メールしてみました。
(フットワークが軽いように見えるのは、他人を巻き込まないと自分自身が動きださないからなのです)


――――――――――――――――――――
Subject: 鈴屋です。ご無沙汰してます
From: 鈴屋二代目
To: ハイドロニューマチック

ご無沙汰しております。
鈴屋二代目です。

本日はスマホアプリ制作のお願いがあり、メールしました。
といっても僕個人で作るアプリの依頼です。

ですので制作費もほとんどないのですが、
ハイドロさんにご協力いただけないでしょうか。

もし可能であれば企画書を送りますのでお見積いただければと思います。

よろしくお願いします。

――――――――――――――――――――


ハイドロさんから早速返事が来ました。


――――――――――――――――――――
Subject: Re:鈴屋です。ご無沙汰してます
From:ハイドロニューマチック
To: 鈴屋二代目

ご無沙汰しております。
ハイドロニューマチックです。

企画を拝見しました。
鈴屋さんには、多大なご恩がありますので、是非協力させてください。

まずは、開発費ですが、おいくらほど想定しておりますか?
普通に作ってしまうとそれなりの金額になります。
裏技を使いますので想定している費用を教えてください。

よろしくお願いします。

――――――――――――――――――――


ご恩になっているのはこちらこそでございます。
数年ぶりにメールしてもこのように快い返事をもらえることは感動であります。

ただし、僕が支払える額でお願い出来るかってところが問題です。

ですが、何度かメールをやりとりした結果、言い値でやってくれるとのこと。

委託先と仲良くやっていて良かった!
これまで偉そうにしまっていた他の委託先さん、ごめんなさい!

こうして癒し系ボイスアプリの開発が始まったのでした。