2013年12月

今年は3つのクリスマスプレゼントをもらいました。

一つは、会社に届いた会ったこともない小学生からの手紙です。
泉大津市の小学生でした。

ネットで僕を見つけたらしく、自分がなりたい職業のクリエイターということでいくつかの質問をもらいました。

その小学校では6年生になると最後を締めくくる総合学習として、いろんな仕事を知る教育をしているらしいです。
そのまとめとして自分がなりたい職業で働いている人に手紙を出してみよーということで、たまたまある生徒から手紙が届いたのでした。

その子供の手紙の出だしがこうです。

「こんにちは、とつぜんすみませんが、学校の卒業80日を切ったので自分の夢をかなえた人に手紙を出す、ということで、手紙を出させてもらいました」

若干やらされてる感が出ていますが、まあよし。
本人も多少は緊張しながら書いたのではないでしょうか。
見知らぬ人に手紙を書くわけですから。

そして、年収やら勤務時間やら小6にしては現実的な質問が書かれており、手紙は最後にこう締めくくられているのでした。

「今日は貴ちょうな時間を使って読んでいただきありがとうございました。
できれば返答の手紙をよろしくお願いします」

求められました。
だから、開封したその日に出しましたよ。
質問にも真面目に答え、最後にいいことも書いたったよ。

「これからなりたい職業の選択肢がもっと増えていくと思いますが、その時はわくわくする仕事を選んでください」

今の自分のことは差し置いていますが。

会社では、今の自分はそれほどわくわくしていない。
前のプロジェクトが赤字のまま終わったのもあり、会社でやりたい企画を通す立場ではなくなっている。
だから今、会社では作れないアプリを個人で配信して発散中なのです。

そういう状態なので、会社ではぱっとせず、年下の上司が出した人事査定がBマイナスでした。

これが2つ目のクリスマスプレゼント。

会社にマイナスの収益を出した立場では何も言えんのです。
今は、今の仕事で会社にメリットを与えることを考えております。

3つ目のクリスマスプレゼントは、個人的に作った「安眠ひざまくら」に関することでした。

Androidアプリの有名レビューサイトのアンドロイダー様よりメールをいただきました。

「恒例となった“公認アプリ年間ランキング:エンタメアプリ部門 TOP100”に
鈴屋 様のアプリがランクインしました!」

エンタメ部門83位です。

エンタメ部門


初めて作ったアプリがランクイン。
これもハイドロジェンスタジオ様や声優の渡谷さんやテキスト制作の柳坂さんや協力していただいた皆様のお陰です。

あとは、作りたいものを作ったからでしょうか。
自分が落ちていた時、同じように落ちている中年男子が癒されればいいなと作ったのが、「安眠ひざまくら」。

落ち着いて眠れる夜を増やしたい。
自分は自分のままでいいと伝えたい。
そんな真面目な思いもあったようななかったような。
いや、なくはない。

アンドロイダー様の「安眠ひざまくら」ランクインの報告が、今年一番嬉しい出来事かもしれません。

自分も幸せになって他人も幸せにする仕事が、人をわくわくさせることだと思います。

来年は、もっと多くのわくわくすることを形にしたい。
でも、それには資金も必要だという現実もありますが。

個人的には、来年は空を飛べるように滑走路を走っているつもりです。
飛び立たず、フェンスにぶつかる可能性も大。

「あれ?俺、羽なかったじゃん」みたいな。
「ただの車だったじゃん」みたいな。

でも、みんなも羽は付いているんですよ。
レッドブルのCMのようですが、広げてないだけ。
広げ方を忘れているだけでは。

小学生の頃って飛べなくても空を飛ぶ夢は見ていましたよね。
大人になっていつから飛ぶことを諦めたのでしょう。

いきなりは飛べないから、まずは一緒に滑走路を走りましょう。


 
よろしければゲーム制作ブログランキングをポチっと

このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかまた出てくるとは。
先日紹介した「パイパン店員ゲット」というiPhoneアプリですが、下ネタ嫌いのアップルにより削除されたという話を書きましたが、まさかの復活です。

でも審査をスルーしたはいいが、また削除されるとの通知をアップルから受け取ったそうです。

タイトルも新たに「パイパン店員」となったアプリの説明文が、またもやパイパンへの熱い思いになっているので紹介しましょう。

パイパン店員


> ※このアプリは本日中に削除されてしまいます。
※消されると2度とダウンロードできません。

【アップル社へ】
以前、「パイパン店員ゲット」というアプリを開発した者です。
今回新たに開発した「パイパン店員」は以前の悪い点を改良して、よりスムーズにバグが少なくなりました。
パイパン具合も以前より整えたつもりです。

パイパン具合も整いました!ねずっちです。

それなのに「卑猥だから削除します」とはいったいどういうつもりなのでしょうか!?
確かにとらえかた1つでパイパンは卑猥で下品な言葉になってしまうことも否めません。
しかし、近年のパイパンブームで世間のパイパンに対するイメージは変わりました。

どこでブームなのだ!!

生まれたての赤ちゃんはみなパイパンですよね?
それは恥ずかしいですか?卑猥ですか?
あなた方がおっしゃっている偏見的な意見では赤ちゃんも卑猥だということになってしまいます。

赤ちゃんが猥褻って、これこそが偏見的意見じゃないのか?

パイパンってさ、一つの芸術だと思うんだよね。

急にアンニュイな口調になったんだよね。

人それぞれ性器の形や大きさや色って違うし、微妙に毛を残す人もいるし、染めてる人もいる。
自己表現をアピールするアートなんだと思います。

そこはアピールせずに隠して!


赤ちゃんは小さい時に自分のことをパイパンだとは思っていませんよね?
大人になっても同じことなんだと思うんです。
毎日少しずつでいい、少しずつでいいから陰毛の毛を剃ってみてください。

何故2回言う。

すると気づいたら素敵なパイパンになってます。

そりゃあ毎日剃ってたらツルツルになるよ。

私は男ですが、最初自分がパイパンになることに対して強い恐怖心をもっていました。
生えてくるのか?チクチクしないか?
親戚とお風呂いった時見られてしまわないか?
でも、それってとっても小さな悩みでした。
いざ人とお風呂行っても逆に何も言われません。
毎日剃ればチクチクしないし、剃らなければまた元のように生えてきます。
だから怖がることはなにもないんです。

怖がるとかじゃないもんっ!

ここまで読んでいただけたということは、多かれ少なかれあなたは興味があるはずです。

え?ないない。

やらないで後悔するよりやって後悔するほうがよっぽどカッコいいと思いませんか。
善は急げ、今夜早速剃ってみましょう。

パイパンは善なのか?

きっと素敵なパイパンライフが過ごせるはず。
パイパンってアートだと思うんです。
ご愛読ありがとうございました。

よし、剃ってみる!


ってなるかー。

日本パイパン党、まさかの2度目のアップルからの審査合格。

ちなみに先日申請した僕の企画した「プチ呪い代行サービス」というアプリは、アップルから「シャレに聞こえない」という理由でリリースの許可すら下りませんでした。

「パイパン店員2」に名前を変えるかっ。





 
よろしければゲーム制作ブログランキングをポチっと

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東では、雨は夜更け過ぎに雪へと変わる地域もありそうですね。

こんばんは、鈴屋二代目です。

昨日僕が企画したアプリ「サンタメール」を使って、娘が欲しいプレゼント(「妖怪ウォッチ」という3DSソフト)をサンタさんにメールしたのですが、翌日アプリ内にメールが届いていたので、
「サンタから返事が来てるよ」とアプリを見せたところ、娘はサンタからの返事を読むなり僕からスマホを奪って、
「やっぱりあれが欲しい!」とプレゼントの内容を変えてサンタに再度メールしようとするのです。

「サンタだって急な変更は無理だよ」と言う父(僕)。
というのも、もうプレゼントを確保しているのだ。

しかし娘は、僕に見えないように別な3DSソフトの名前を書いてもう1回サンタにメールを送りやがった。

手紙


しかし、サンタメールの企画兼プロデューサーの僕は慌てない。
有料版で確認したところ、「こびと図鑑」の3DSソフトが欲しいらしい。
でも僕はこっそりプレゼントを「妖怪ウォッチ」に書き換えるのでした。


唯2度目


意地でも妖怪ウォッチです。
サンタも都合があるのです。
大体イヴ直前に変更されてもサンタも困るっつうの。

ちなみに妖怪ウォッチはこんなゲームでした。

ツチノコ

http://www.youkai-watch.jp/

これは11歳の女の子が遊ぶゲームなのか??


 
よろしければゲーム制作ブログランキングをポチっと

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ