2014年01月

以前、アップルから削除されたパイパンアプリのアプリ説明文について転載しましたが、もしや同じ開発者では?と思われる人をApp Storeで見つけました。
このアプリもまもなくアップルから削除されるそうです。
タイトルは、「ビーチク」。

既にアウトでは。

以下、アプリ説明がこんな感じです。
ビーチク画面


> ※アダルトアプリです。すぐに消されます。
> 性悪説アップル社の陰謀により削除されます。


パイパンアプリとほぼ同じ始まりです。

> ビーチクいじって女を倒す何がイケないのか?
> 乳首党の私には、全く意味がわかりません。

パイパン党に続き、乳首党が発足!

> ゾンビを銃で打ち抜くアプリはいいのに、乳首で女を倒すアプリはダメ。は?何それ?

乳首で女を倒すという発想がすごい。

> アップル社に言いたい。あなた達はどうやってこの世に生まれてきたのか?と。
> それは母親と父親のセックスの賜物である。
> 父親が母親を愛撫し、乳首をいじり、エッチしてその結果あなたが生まれたのではないでしょうか?

想像したくないからやめてー。

> それに人間誰でもエッチは好きでしょうに、乳首をいじられたら気持ちいいでしょうに。
> それを禁じてしまったら、セックスは行事です。
> うがい、手荒い、セックス。なにそれつまんな。

無理やりな言い訳でしょうに。

> いいですか、全国のiPhoneユーザーのみなさん。
> 幼児虐待やレイプのアプリはいけないと思います。
> そのアプリのせいで不快に思う人がいます。
> ですが、このアプリはビーチクコリコリゲーです。
> 乳首いじられて不快に思う人はいるでしょうか?

ビーチクコリコリゲーという新しいジャンルが登場しましたよ?

> もしかしたらアップルの人は過去に乳首関係で辛い思い出があるのかもしれません。

洗濯ばさみで挟まれる苦い経験があるのかもしれません!

> 私も一度、乳首をいじり過ぎて腫れて血が出て軟膏を塗る生活をしいられた経験があります。
> 確かにもう乳首なんていじるものか!と当時は心の底から思っていましたが今ではどうでしょう?
> 行き過ぎかもしれませんが、私はいつもクリップで乳首をはさんで生活しています。もちろん隠して。

行きすぎですよ!
戻ってきて!

> 乳首にクリップを挟んだ状態で仕事をして、女性社員と話して、牛丼食べて、電車に乗ります。
> 一番の快感は、後輩を指導する時です。
> 怒鳴り散らしていながら、乳首は快感を得ている。

やはりこの人も真の変態だ。

> それに比べたらこんなアプリぐらい、いいじゃない。

うん、いいと思う!
ってなるかー。


↓ただただ乳首を連打するゲームです。
間違ってエロサイトの広告をクリックしてしまいます。

びーちく

これ、よく審査通ったな。



 
よろしければポチっと

このエントリーをはてなブックマークに追加

安眠ひざまくら第2弾のヒロインの声優さんが井上奈菜さんという新人さんに決まりました。

井上奈々1


今後の流れとしては、キャラ設定→キャラ画像決定と台詞制作→収録という流れになります。

素の井上さんをキャラ作りに生かそうと思い、小さい頃からの話をヒアリングしました。

まず、小学生時代。

友達が少なくて読書ばかりする子で優等生だった。
中学では自分を変えたいということで剣道部に入って活発的になります。
本人曰く、中学デビュー。

高校では放送部とチャリ部。中学まで優等生だったけど落ちこぼれてしまったそうだ。

そして今は20の大学生。
この間成人式でした。

飼っている猫の名前は、もーこ。
黒と白の牛柄だから。

好きな動物はヒトデ。

ヒトデ・・・。
生き物としてナマコと匹敵するぐらい動じない生き物だよね。

ウミウシも好きだとか。

ウミウシ・・・。

ウミウシ

カラフルだけどね。。。

ヒロインキャラにはヒトデの髪留めでも付けようかな。

いろいろヒアリングした結果、考えたキャラ設定はこんな感じです。


経歴:
小学時代…友達は少ない。教室の隅で一人で本を読んでいた。成績は優等生。
中学時代…自分を変えようと剣道部に。精神的にも強くなった。学級委員長にもなる。
高校時代…クラスでちょっと浮いた存在。美術部に入る。毎日楽しく過ごしている。現在16歳。


性格:
何故か変わり者やいじめられっ子などが信頼を寄せる。
女子にありがちな集団に流されやすい性格ではなく、自分なりの考えを漠然と持っていて「何か違う」と思うことにはスルーして深く関わらない。
16歳らしいところもあり、言うことは幼いが内容は的を得ている。


家庭環境:
父親はお寺の次男で現状はサラリーマン。母親は元保母さん。
小さいころから母親が勉強に熱心で成績は優秀だったが、高校になって落ちこぼれつつある。


ユーザーとの関係:
毎年夏休み、冬休み、春休みにおばあちゃんの家に遊びに来ていて、ユーザーと晴菜は小さい頃から遊んでいた。
晴菜は基本生意気キャラだが、自分の知らない土地で友達を紹介してくれたり、遊びに付き合ってくれていたユーザーのことを片思いしている。
今は合格した高校の事情で高校はおばあちゃんの家から通うことになった。
(実は親の離婚だがそこには触れない)
ユーザーが何かあった時には、「ねえねえ、私に甘えてみる??」的に積極的にひざまくらをしようとするが、それはちょっとした照れ隠しでもある。


晴菜の夢:
子どもが持っている優しさを大事にする保育園を設立したい。保育士兼経営者として新しい施設を作りたい。



まだ仮です。
今回は衣装も有料で販売したいと思います。

ファンの皆様、アプリが絶賛赤字中ですので僕の生活も支えてください。


 
よろしければゲーム制作ブログランキングをポチっと

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の日曜日、声優の卵ユニット姫イド隊のイベントが文化放送であり、その中で鈴屋とハイドロジェンスタジオで作ったアプリ「安眠ひざまくら」第二弾のヒロインを決定するコーナーがあり、審査員として行ってきました。

これまで文化放送の超A&G+「きり~つ!れいっ!姫イド隊」の中で、毎週「安眠ひざまくら」の台詞を募集していましたが、その数やファン投票の結果から今回声優が選ばれるというわけです。

イベントは18時スタートでしたが、諸事情で19時に文化放送到着。
19時25分辺りから舞台に上がって合格者を発表するのですが、待っている間、控室で一人。

楽屋泥棒が出てもおかしくないぐらい無防備です。

控室

本当は人前に出るのが苦手なため、安眠ひざまくら第一弾のヒロイン役の渡谷美帆さんに出てもらう予定だったのですが、渡谷さんが舞台の稽古のため来れず、僕が出ることに。

5分前に呼ばれて姫イド隊が歌う中、舞台の袖で待ちます。

姫イド隊

ここからでは客がどういう空気なのか分からない。

かつてアイマスがゲームショウで男性ユニットを発表した時のように僕が出て行って殺伐としてしまったらどうしよう!と思いながらも曲が終わるとマイクを渡されました。

名前を呼ばれて舞台に上がると、そこには限定された150名のファンの方々。

でも温かいぞ。
笑顔と拍手で迎えてくれました。

「安眠ひざまくら」の企画内容を説明した後、その第二弾のヒロインの発表です。
僕は、台本に書かれていた台詞を言います。

「安眠ひざまくら第二弾のヒロインは・・・」

ドラムロール代わりに緊張感を表すドク、ドクという心臓音。

ドラムロールだったら発表のタイミングが分かり易いけど、心臓音だとどのタイミングで言っていいか分からないぞ。

きっと心臓音が止まった時が言うタイミングに違いない。

ドク、ドク、ドク・・・。

止まったか?止まったのか?
とりあえず言っちゃえ。

安眠ひざまくら第二弾のヒロインは・・・     井上奈菜さんです!」

井上奈々2
↑左が井上奈菜さん。

この写真じゃなくてもいいような気もしますが。

ツイッターはコチラ

審査員も票を入れらるとしたら、僕も井上さんに入れていたと思います。
というのも無理なキャラにも無謀にチャレンジしそうな気がしたから。

イベント後、キャラ設定について検討するために井上さんの生い立ちなどを聞いたのですが、その話はまた次回。


 
よろしければゲーム制作ブログランキングをポチっと

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ