うちの中2の娘は、ゲーム好き、ネット好きというオタク街道まっしぐらなんですが、
昨年その娘に、2ちゃんまとめサイトにあった僕らが作っているスマホ向け「マッピー」のスレを見せました。

そのスレのタイトルは、

【マジかよ】『マッピーの新作ゲームが開発決定!(開発者も同じ)今西暦何年だよwww


リリース前のそのスレに書かれていたコメントは、このようなものでした。


「 スマホゲーになった時点で別物で興味なし」

「一般人しかスマホでやってねーのに
なつかしーとかなるわけねーだろー」

「(クラウドファンディングで100万集めたため)100万で作れるゲームか
ま、ボリュームは期待できないな」

基本的に否定的な意見でした。


それを見た娘は僕にこう言いました。

「いいもの作れよ!
スケジュール遅れてもいいから、いいもの作れ!」



おまえは俺の上司か。

ただ、娘のクリエイター気質に少し感動しました(親バカ)

mappy_ss2_640_960


リリース後、気がつけばいつの間にか娘が「タッチ・ザ・マッピー」をダウンロードしていました。

中2の娘は、こんな感想を言っていました。


「パパ、私正直またくだらないアプリを作るんだろうなーと思ってたけど、
これ、意外と面白いじゃん!」



「くだらない」はいいけど「また」っていうのはなんだ。

俺の作ったどのアプリが「くだらない」んだ?

「安眠ひざまくら」か?
「サンタメール」か?


そしていつの間にか娘は、「ポケモンGO」の合間に「タッチ・ザ・マッピー」をやっています。


リリース後、個人的に「すげー」と思ったのが、評価が4.5を維持しているところです。

モリ・タイゾー、やったじゃないか。


コメントも以下のように温かいものです。


「昔に戻ったよ♪ハマってた頃がなつかしいなあ〜」

「昔のシステムを踏襲しつつも、アプリとして操作しやすくなっているのは良いと思います」

「ナムコ黄金期の開発者達が手掛けた正真正銘のマッピーだけあって
狭い画面中にもアイディア満載で凄く面白い!
よくぞこの画面にこの楽しさを詰め込んだものです!
サウンドも懐かしのナムコ音源を再現してZunko先生が担当されてるだけあって素晴らしい!
涙が出てきました」

「マッピーのゲームシステムを流用したパズルゲーム。
『遊びをクリエイトする』ナムコのスピリッツを感じさせ、
新たな面白さの提案に成功していると思います」


そうなんです。
今取り戻すべきは、「遊びをクリエイトする」ことなんです。
あの頃のナムコのメンツを集めたからこのゲームが作れたとは思っています。


他には、こんな温かいレビュー評価の画像も切り取ってみました。


30


全部星5です。
仕込みじゃないのが、すごい。


ただ、残念なのはレジェンドクリエイター達が、このレビュー評価に気付いていないということです。。。
いちいちネットでの評価を気にしないようでして、今度伝えておきますね。


そんな「タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団」は、こちらからダウンロードできます。

[iPhone] 

https://itunes.apple.com/jp/app/id1113223287 
 

[Android] 

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cosmomachia.touchthemappy
 


無料で遊べるので、ファミコン世代はぜひ落としてもらえればと。