2017年10月

台風直前の昨日、阿佐ヶ谷ロフトで大喜利イベントを開催しました。

笑いの台風が阿佐ヶ谷に上陸してしまったんですよ。


ふせん大喜利チラシ


雨風が強い中で、どういうイベントかわからないものに来てくれる人がどんだけいるのかと、主催してる側は心配しました。

でも思ったよりは盛況。
イベント内容は最高。
(ラップ調で)


ところで、「ふせん大喜利」とは、
お題に対して観客が付箋に解答を書いて、面白いものはスクリーンに表示されて司会者やゲストがイジるというもの。
IMG_0208

主催側としては、お客さん任せなイベントなのです。


ただし、誰を司会にするか、誰をゲストにするか、どういうお題を出すか、どう回すか、ジングルはどうするか、オープニングムービーをどうするか、そして誰をお客さんに呼ぶか等々、それら次第でイベントの面白さが変わる「出たとこ勝負」のイベントなのです。


そんな中で今回ゲストでブッキングしたのが、中山功太さんと完熟フレッシュさん。

中山功太さんは、R-1王者。
今回めちゃくちゃ舞台で上手く回してもらいました。

完熟フレッシュさんは、今M-1で3回戦まで勝ち進んでいる親子コンビです。

完熟フレッシュさんの動画↓




ワイドショーでたまたま特集されていたのを観たところ、この漫才に何故か笑いながら泣けた。

そして、ざっきーという友人に完熟フレッシュさんを出演させたいと言ったところ、
知り合いの芸人を辿ってブッキングしてくれたのでした。


そして、開催された「ふせん大喜利108 ~煩悩の数だけ抱きしめて~」。

多分14回ぐらいしか開催していませんが、誰も覚えていないので108に増やしました。


完熟フレッシュの娘(中1)のレイラちゃんにギャラを渡す時の楽屋での話。

お笑いライブのギャラは基本安い(数千円)ので、それがレイラちゃんのお小遣いになるとのこと。

しかし、一般的なお笑いライブよりちょっとだけ高いギャラを払っているせいか、今回取り分で揉めていたそうです。

お年玉をあげた時の親子のようで笑えました。


そんなレイラちゃんですが、お父さんがまだ楽屋に来ていない時に、中3の娘に「あっち行け」と言われる僕が、
「お父さんのこと好き?」
と聞くと、素直に「好きですよ」。

ただ、「時々面倒くさい」とのこと。

たまに自分から抱きついたりするそうですが、
「チュウされるのは昔から嫌だった」そうです。

嫌でもチュウを受け入れるって、可愛いじゃないか!


そんなレイラちゃん、
投稿された付箋を選ぶ際のセンスが凄かった。


「誰も知らないパンダの生態を教えてください」というお題の時に選んだ解答が、

「巨根」。

舞台にいる中山功太さん、「レイラちゃん、そんな解答選ばんでもいいよー」。


そして、グーグルの画像検索で適当に選んだおっさんにプロフィールを考えるコーナーで選んだ解答は、

「FXで600万溶かす」

またまた中山功太さん、「溶かすとか覚えんでもええよー」。


あのイベントで、ほとんどの人が初見のレイラちゃんに魅了されたのではないでしょうか。

あの場にいたみんなが完熟フレッシュのM-1決勝進出を願ったと思います。


さて、次回のブログは、どうイベントを回しているかというペラ一の台本を初公開します。



このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の土曜日、「借りパク禁止!名前入りファミカセを返す会  第二回ファミコン中学同窓会」というイベントを主催しました。


関さんという名前入り中古ファミカセだけを集めている人がいて、そのファミカセをイジりつつ、開発者を呼んで開発裏話をするというものでした。

関さんが中古ファミコンを集め出したのは、海外で「ゼルダの伝説」の中古ファミカセを買ったら、「Teresa」という名前が入っていたからのこと。

名前入りの中古ファミカセには、背景にあるその人の子供時代を想像する楽しみがあります。

しかも外国人女子。

ちなみに司会のDJ急行さん、「任天堂でテレサ(マリオに出てくるオバケ)って因縁ありますね」。


そして!
今週日曜も同じく阿佐ヶ谷ロフトAで4年ぶりの大喜利イベントをします。

同じくDJ急行さん司会。


「ふせん大喜利108 ~煩悩の数だけ抱きしめて~」


多分14回ぐらいしかやっていないのですが、誰も回数を分かっていないので108に増やしてみました。


ちなみに「ふせん大喜利」とは、その場でお題が出され、ふせんに解答を書き提出する参加型大喜利。

もちろん観ているだけでも大丈夫。

今回もハガキ職人達も参戦。

全6問ぐらい想定してますが、各コーナーに賞品も出ます。

一度賞品でプレステ3本体を出したこともありました。アタリの飯塚社長、ありがとうございました!


そして、今回のゲストは、たまたまワイドショーで見つけた「完熟フレッシュ」。

父子家庭の親子漫才コンビです。


CvFwUQ_VIAEuFCQ


将来の夢が、「コンビニのレジ係」って父親が仕込んだだろ!笑


ちなみに今回、お父さんは漫才ライブで遅れ、娘のレイラちゃんが一人で先に来るという流れで、
前半にレイラちゃん一人でゲストで出ます。

そして、さらにR-1王者の中山功太さん参戦。

割と贅沢なイベントになると思います。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/74399

笑いの台風が日曜日に阿佐ヶ谷ロフトに上陸しますよ?

完熟フレッシュ紹介記事↓
https://t.cll-j.com/kannjukuhuresshu/



このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、メキシコに留学経験のある人と話していた時のこと。

メキシコに留学って、「デビュー前のプロレスラーかっ」とツッコミたいのはさておいて、
日本の「神様」の感覚は、世界的に独特だという話になりました。


各宗教、ほぼどの国も神様は一人です。

しかし、日本には萬の神がいる。

近くの木にも神は宿っているし、この空気の中にもいる。

そんなことをメキシコ人に話したところ、
「おまえらはバカか」とあしらわれたそうだ。

しかし、彼は主張しました。

「日本は、トイレにも神様はおるんやで」


メキシコ人、「クレイジー笑笑笑」。


この話を聞いて、そこに日本人の柔軟性があるように思いました。

いちいち宗教に縛られない。

神様はあちこちにいる。

寺も神社も関係ねー。

クリスマスもハロウィンもあり。

そもそも自分の心の中に神様がいる。

そんな間口の広さが日本人の良さなのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ