2018年04月

ダッダーン、ボヨヨン、ボヨヨン♪
こんにちは、稀勢の里です。


先月にこのブログで、グラビア携帯電話サイト(「バウっ娘。DX」「生っ!」「アイドル生搾り」)を運営していた話を書きましたが、
運営側としては、水着までしか配信してはいけない規約の中で、どう攻めていくかというのが課題でした。


そこそこのグラビアアイドル達は、ヤングマガジンやスピリッツなど部数の多い雑誌は出たがるのですが、
携帯サイトとなると世間への露出も少ないため、こちらがギャラを高くせざるを得ないのです。


そこで、会員数が少ないため、それほどのギャラを払えない我々は穴場を狙います。

それは、「人気AV女優」でした。

グラビアアイドルより肌の露出は多く、脱がなければギャラも安いという。

しかもそこら辺のグラドルより可愛かったりもします。


しかし、当時「これもNG?」と思うことがありました。

当時はガラケーの携帯サイトで、容量の問題もあり5秒程度の短い音声を、撮影の合間に録音して配信していたんですね。

この短さだと、普通のサイトでは「おはよう」とか「好き♪」とか「私のこと好き?」だとかそんな一言になります。

聞いていてホンワカするものです。


一方、僕が運営するサイトでは、例えばクリスマスの時期だと、
「メリークリス松村!」「メリー栗栖正伸(プロレスラー)!」とか、
当時2ちゃん用語だった「だめぽ」とか「ぬるぽ」など収録して配信していたのです。

「着声」とか流行った時期でした。。。

とは言え、それを聞いてユーザーが何をどうするのかまで考えていなかったのが、僕の落ち度です。


そんな中で、「料理名を色っぽく言ってみようシリーズ」ということで、ある人気AV女優に「ペペロンチーノ」を色っぽく言ってもらうことにしました。

すると、その場でマネージャーが「ペペロンチーノはNGで」と言うのです。


「え!」と思いましたが、ギャラの安さが問題だったかもしれません。


替わりに、「ビーフストロガノフ」をセクシーに言ってもらいました。


「ヴィーフシュトロガノフュ♪」


言ってはもらったのですが。。。


そんな、何がなんだかな話でしたとさ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こ、このブ、ブブ、ブログはですね、じ、実際に、じ、じ、実話でですね、じ、じ、じ、事実、おそらく事実が、か、書かれており、じいじは幸せです。

それでは、う、歌を歌います。

あーるはれたーひーるさがりーにーばしゃあーがゆれていくぅー。

こんにちは、ひふみんです。

安倍晋三かと思いきや、ひふみんでした。


4月4日~6日までビックサイトで行われる「コンテンツ東京」内の「クリエイターEXPO」にゲームユニットとして参加します。

ネット告知_鈴屋


↓こんなに出展するので、僕らのブースまで行き着くのは、巨大迷路をクリアするようなものです。

http://www.content-tokyo.jp/doc/2018/location/floor

クリエイター達がめっちゃいる!

そんなクリエイター達の目的は、企業との商談。

昨年はこんなブースもありました。

IMG_0074-2


学生がゲーム会社に入りたいからブースを出したけど、イベント当日に説明会に行くという、何かとリアルなブースです。

さて、今年もそんなゲームゾーンに僕がいたりいなかったりするよ!



[クリエイターEXPO公式SNSのご案内]
 Instagram >>> licensing.japan
 Twitter   >>> @LICENSING_JAPAN
 Facebook  >>> https://www.facebook.com/pg/LICENSING.JAPAN/



このエントリーをはてなブックマークに追加

い、いいですか?これは、一部の、ごく一部の少人数の方達だけが見ているという、
国民の皆様のためにはありえないブログ、まさに質疑の価値のないブログであるわけなんですよ。
わたくし、安倍晋三です。

僕、安倍晋三が(安倍晋三じゃないけど←そりゃそうだ)、先日公園のベンチに座ってハトに餌を与えいたところ(完全に無職風味)、
すぐ近くで中学生らしき女子三人組がダンスの練習をしていました。


その女子の会話が耳に入るわけですが、何かもっと上を目指そうみたいになった時に、
リーダーっぽい一人の女子がみんなに言ったんですね。


「飛べない鳥は、ただの鳥だって言うじゃん」


・・・・。

誰もツッコまない。。。


ちょ、
いや、それ、鳥業界ではただごとじゃないし!

飛べない鳥は、ダチョウとかニワトリぐらいだし!

あと、ヤンバルクイナ。

ただの鳥じゃないし!


「飛べねぇ豚はただの豚だ(※「紅の豚」より)」と間違ったのは明かです。

一瞬、「オイ!」と右肩が前に動きそうになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ