中2で中年なプランナーの空想的日常

ただただ昭和のゲームプランナーでおっさんな僕が日常や妄想を書いていきます。

2018年10月

僕がサザンについて書くのもなんなんですが、「海のOh, Yeah!!」を聴きながら、
もー昔から思ってたのですのが、改めて「桑田佳祐の作品の幅広さがすげー」なのです。


この間同じ年代の人達とカラオケしてる時にサザンの曲を歌ったら、
「『勝手にシンドバッド』歌ってたサザンって、コミックバンドだと思ったよね」と話していて、
「よくよく考えれば『今何時?』『そうね、だいたいね』ってどんな歌詞だよ」という話になりました。


あの時小学生で全くその意味が分からず、ただ、ノリがいいなあというのは子供心にありました。

その後、「いとしのエリー」「YaYa」ぐらいしか十代の童貞レベルでもわかる名曲はなかったのですが、「ミス・ブランニュー・デイ」が出てきて、
「この曲すげー」と「ザ・ベストテン」を見て思ってサザンにハマりました。

それで、当時あった地元のレンタルレコード屋にサザンの「人気者で行こう」を借りに行きました。
(中学生の小遣いではアルバムは買えなかったので)


そのアルバムには、シングル化されていない「海」や「夕方HOLD ON ME」という名曲が入っています。

当時の僕としても、「何これ、シングル化しないの?もったいない!」と思ったのでした。


そんなことを思い出して、ちょっとサザンのデビュー曲「勝手にシンドバッド」で、あの頃訳分からなかった歌詞について今さら思うのです。

「今何時?」「そうねだいたいね」
「今何時?」「ちょっと待ってて」
「今何時?」「まだ早い」


大人になって思うのは、風俗か韓国マッサージ店での会話じゃない??

というのは、おっさんの発想ですが、訳ありの関係(どっちかがカレシかカノジョがいる中で好きになった?)だったのでしょう。

ただ、「今何時?」というなんでもない歌詞をサビに入れるというのを40年前に作っているという。
すごいなあと、改めて思ったり。

ちなみに今、このブログを書きながら「女呼んでブギ」が流れています。。。










このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数ヶ月、多くの人が思っているだろう、「なんでこんなCMたくさん出せるの?」というのが

「ハズキルーペ」

だと思うのですが、
創る側から見ると、製造費とプロモーション費の割合で、
プロモーション費用に金力を入れるために製造費をだいぶ安くしてCMに注力する「戦略」かなと思ったりします。


ただ、CMを見る度、「ハズキルーペ大好き」って台詞は構成作家として言わせないよなあと思っていたのです。

大物俳優を使っていながら「古いCM」だというニュアンスのことをとある女性タレントが言っていて、
その番組で知ったのが、ハズキルーペの会長がCMの構成を考えているということでした。


一瞬好き勝手会長がやってんなあと思ったのですが、しかし、中高年対象なので、変にひねらない方がいいんだろうなとも思いました。

同じ目線でCMを作っているという見方です。


ただ、ちょっとまだ頑張りたいおっさんの僕からすれば、スマホは確かに見づらいのですが、「まだハズキルーペは使いたくない」と思うのでした。

多分、「俺がかけてるコレ、ハズキルーペ」と女の子に言ってもポイントが下がるはず。







このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで木場くんが婚活サイトで知り合ったロシア人との話をこのブログで書いていたら、同じようなめにあった男性から
「木場くんと話したいです」という話が出たりしてます。
(木場くん的には会うのは女の子希望なんだけど)

そんな中で、木場くんが最終的にロシア人を信用しなくなったのが、
「私はマンションを売って貴方に会いに行く」
というロシア人女性からのメッセージの流れで、
マンションを売った札(ルーブル)をピラピラしてる動画を送ってきたのです。

そして木場くんから
「こういう動画送られてきたんだけど」
と、僕のLINEに転送されました。

それで、「おい、木場!」という流れがありました。

観て思ったのが、「その動画に本人が映ってないし!」

指で札をめくるだけという。

結構そこら辺で拾えそうな動画だぞ。

そして、その後に木場くんにロシア人から
「私は日本に行くからあなたの口座を教えてください」とLINEが来ているのです。

しかもの暗証番号まで聞きに来ていて、「完全にアウトじゃん」という話になったのでした。

そして、木場くん、
「日本人ならもうおばちゃんでもいいよ」
という話になるのでしたとさ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ