ほぼブログは更新していないのですが、たまに大昔のブログが検索結果に引っかかるのでしょう。数年前のブログにコメントをもらいました。

「このブログは、俺が死んだ時に黒歴史になる!」と思いいつ消そうかとも思っていましたが、残しておくというのもいいことなのでしょうか。

コメントをいただいたのは2017年に書いた、行ったこともない銀座のママからの手紙のブログです。



当時はその店の事情もあると思い店名は伏せていましたが、コメントをくださった方の言う通り、銀座のお店「ア●ル」です。

これだけ書くとなんか「*エロい」ので、伏せずに書くと「アルル」です。

これだけ悪名高いとなると、もうやってないでしょうね。
店名と場所を変えてやっているかもしませんが。

以下は投稿いただいた方のコメントです。



詐欺の店、銀座では悪名高い、あ⭕️ルです。
まともな店ならこんな手紙は出さないでしょう。

これやってお客さんが来るなら、客は馬鹿か身寄りのない老人だけでしょう。詐欺まがいの偽酒高額請求では、お客が寄りつかない店だそうです。

そのため、ホステスがお客さんに結婚詐欺する店、結婚を匂わせ身体を与えてお金を吐き出させる店だそうです。

この手紙も有名らしいですが、給料未払いで訴えられ、銀座の恥ママと銀座の老舗クラブで聞きました。

貴重な記録、ありがとうございました。


記録って大事ですね笑。

しかしこのコメントをくれた方は、銀座で飲んでいる大御所さんのような気がします。

僕としては、LINE交換したガールズバーで知り合った子が銀座の店で働き出したというので、もはや遠い存在になっているぐらいです。